• 最近の投稿

  • カテゴリー



  • 高校の教科書などに、わが国に仏教が伝来したのは、西暦538年で、一説に552年だと注記しています。それはそれで正しいのですが、どうして二説あるのか、詳しくは触れていません。

    百済の聖明王が仏像や経典を献上した時をもって「仏教公伝」とし、『日本書紀』は欽明天皇13年(552)とし、『上宮聖徳法王帝説』など他の文献では欽明天皇7年(538)とするのです。『日本書紀』と『上宮聖徳法王帝説』とでは欽明天皇の即位年が異なっており、かえってややこしくなるので言及しませんが、両説は拠って立つ史料が違うことに注意しておいて下さい。両説の間で14年の差があり、早くからいずれが正しいのか、論争が重ねられてきました。最近では百済王の即位年の異説にもとづいて、548年だという新説さえ登場する始末です。私は仏教公伝の年次論に関して、次のような考えをもっております。

    すなわち、仏教の伝来の公的な最初を「公伝」と見るかぎり、それは一回きりのことであって、年次に異説があれば、どちらか一方を取り、他方を否定しなければならなかったのです。しかし、仏教の伝来といっても、内実は仏像・経典・僧侶などの献上でありました。それがある一定の期間に何回あっても差し支えないと思います。したがって、538年にも552年にも、百済から仏像等が送られてきたと考えてもよいのす。また、この両年以外にも、仏像等が百濟から献上されてきた可能性は高いのです。

    6世紀中ごろの百済は、政治情勢や国際関係が緊迫しており、日本に軍事援助を求める代償として、先進文明の象徴たる仏像や経典を何度も献上してきました。この外交ルートにのった仏教の伝来を、公的な伝来という意味で「公伝」と表現するなら、その年次は幅をもたせて、6世紀中ごろとしておくのが妥当でしょう。

    百濟から送られてきた仏像を前に、欽明天皇は豪族たちに礼拝すべきかを問いました。ここに蘇我稲目らの崇仏派と物部尾興や中臣鎌子ら排仏派の論争が起ったことは有名は話です。崇仏・排仏に関する伝承をすべて史実だとはみなせません。だが、こうした伝承の背景には、「国神」を信奉する在来の神祇信仰の立場から、新来の仏教を「蕃神」として排斥しようとする宗教的な動きが起こったことがうかがわれるのです。

    仏教は新しく渡来してきた人々や、彼らを支配下に入れて急速に勢力を伸ばした蘇我氏や、一部の開明的な氏族に信奉されるにとどまっておりました。仏教伝来時の摩擦にもかかわらず、わが国に仏教が受容されたのは、仏教がインドから西域・中国・朝鮮と伝わるうちに、それぞれの民族宗教を包摂し、当時の国際社会ですでに世界宗教の地位を確立していたからです。

    これまで漠然と暗黒の世界としか認識しなかった死後の世界について、体系的な教理に裏付けされた仏教が、現世とは明確に異質な来世観をもたらせたことで、「他国の神」に対する憧れの念を抱かせました。このように仏教は新興勢力にはとても魅力的な先進文明であり、寺院建築や荘厳な儀礼にともなう総合文化そのものでありました。

    IMG_0225古書店から送られてくる目録で古典籍を購入することがあります。これまでに目録に記された署名だけで買い求めたところ、当方が思っていたものとは全く違う古書が郵送されてきたという苦い失敗も経験しています。

    それは古書目録に「海東釋史」とありました。私は若いころ朝鮮仏教史に関心をもって、関係図書を収集していたのです。「海東」とは朝鮮を指し、「釋史」とは仏教史を意味するので、朝鮮仏教史に関する古書だと私なりに解釈して、早速買うことにしました。贈られてきた書物は「海東繹史」という、古朝鮮から高麗朝にいたる時代を扱ったあらゆる文献を網羅した紀伝体(中国式の歴史の書き方)の「歴史書」でありました。間違いは古書目録の「釋」が「繹」の誤植だったことにあったのです。古書の通信販売は実物を見ることができないので、こうした過ちは購入者自身が被らねばなりません。

    ところで、私蔵する軸装仕立ての「一枚起請文」も、古書店から或る時に買ったものであります。浄土宗の人なら誰でも知っていることですが、法然上人がご遷化の二日前に弟子の源智にさずけられた、紙一枚程度に述べた念仏の教えのエッセンスであります。印刷された経本に入っているので、わざわざ古本屋から買う必要などないのですが、かつては現行の「一枚起請文」の文言と異なるったものが存在していましたので、古書目録では時代を特定できなかったのですが、古そうだと思わる軸装仕立てに気をひかれで買いました。文面は以下の通りです(カッコの中は読み方)。

    唐(もろこし)我朝にもろおろの智者達の沙汰し申さるる観念の念にもあらず。又斈文(学問)をして念の心を悟りて申(もうす)念仏にもあらず。唯(ただ)往生極楽のためには、南無阿弥陀仏と申て疑なく往生するぞとおもひとりて申外(ほか)に別の子細候はず。但し三心四修と申すことの候は、みな決定して南無阿弥陀仏にて往生するぞとおもふ内に籠り候なり。此(この)外に奥深き事を存ぜば、二尊の憐(あわれみ)にはづれ本願にもれ候べし。念仏を信ぜん人は、たとひ一代の法をよくよく斈すとも、一文不智の愚鈍の身になして、智者の振舞をせずして、尼入道の無智の輩(ともがら)に同(おなじく)して、只(ただ)一向に念仏すべし。 浄土宗の安心(あんじん)起行(きぎょう)此一紙に為至極(しごくせり)。為防滅後邪義(めつごのじゃぎをふせんために)所存記畢(しょぞんをしるしおわんぬ)。 建暦二年正月二十三日 源空

    筆者は良綱という僧ですが、他の文献には登場しません。ここに紹介する私蔵の一枚起請文を読まれたなら、通常にそらんじているものとの違いに、すぐにお気づきになったと思います。後半に違いがあるのです。 かつては現行の「一枚起請文」の文言と異なるったものが存在していたと言いましたが、それは「ただ一向に念仏すべし」で文章が終わるものと、現行の一枚起請文のように「為証以両手印(証の為に両手印を以てす)」以下の文言が続くものとの二つのタイプがあるのです。私見によりますと、前者の「ただ一向に念仏すべし」で終わるものが古形であって、「為証以両手印」から「建暦二年正月二十三日 源空(大師在御判)」までの文章が加わった現行のものが、おそらく天文年間(1532~55)あたりから世に出て、次第に普及したと考えられます。

    それでは、私蔵の一味起請文について、新古の分類からいうと、「新」に属しますが、現行のものとは異なります。まず第一の相違点は、現行の「念仏を信ぜん人は、たとひ一代の法をよくよく学すとも、一文不知の愚鈍の身になして、尼入道の無智の輩に同して、智者の振舞をせずして、ただ一向に念仏すべし」の箇所で、私蔵版は「尼入道の無智の輩に同して」と「智者の振舞をせずして」の順序が入れ替わっているのです。つぎに、現行の「為証以両手印」と「源空が所存此外に全く別義を存ぜず」の語が私蔵版にないことです。 この私蔵版のごとき現行と異なる文言の一枚起請文は、他に例を見ないのです。

    そこで私蔵版は、一枚起請文の研究上で貴重な史料となりえるのでしょうか。答えは何とも言えないのです。「為証以両手印」がない写本は外にもありますが、「尼入道の無智の輩に同して」と「智者の振舞をせずして」の順序の入れ替わりや、「源空が所存此外に全く別義を存ぜず」の脱落は、私蔵版の特色というよりは、どうも筆者の良綱が犯したミスと考えざるを得ないのです。

    私蔵の一枚起請文は、まあ学界に紹介する値打ちがあるとは思えない代物だった??やはり古典籍は実物を見てから購入すべきでしょうね。間違いだらけ(!)のものを、ご丁寧に麗々しく表装したのは誰だったのか、興味を引きます。

    八代将軍徳川吉宗の生母について、巷間にさまざまな説が出ております。ネットで検索しますと、和歌山市の長保寺のホームページに、「素性が知れない人である。まず名前をお由利ともお紋ともいう説があり、よくわからない。町医者の娘という説、百姓の子という説、西国遍路の行き倒れの子という説もある。つなげて考えてみれば、どこかの食い詰めた百姓女が土地を捨て娘を連れ遍路に出て行き倒れた、それを親切な町医者が看病したが亡くなった、残された子を養女にした、美しく育った娘がお城に上った、というあたりか」とあります。まったく氏素性の知れない人というのです。

    YAHOO!知恵袋のゲストアンサーに「吉宗の生母であるお由利(ゆり)の方の素性ははっきりしていません。巨勢(こせ)六右衛門の娘、京都西陣の商家の娘、西国巡礼の女が連れていた娘など様々な説がありますが、いずれにしても身分の低い出自であったようです」とあり、父の名を巨勢六右衛門という説が出ています。

    徳川将軍の事績を詳細に記録した『徳川実記』をみますと、「御母は紀伊の家士巨勢八左衛門利清の女にて、贈従二位紋子(由利)と聞ゆ」とあります(享保元年五月条)。由利ともよばれていたかのようです。しかし、利清の次男の「巨勢十左衛門由利(よしとし)」と孫の「六左衛門至信(ゆきのぶ)」がそれぞれ5000石の幕臣に取り立てられますが、この由利との混同ではないかと思います。

    お紋の方の父が紀伊藩士というのは、紀伊藩主徳川光貞の側室となって吉宗を生んだこと、弟と甥が大身の旗本となったことで、家系を飾る必要があったからだと思いますが、巨勢氏の出自は否定できません。この巨勢利清は、じつは京都大工頭の中井家の一族なのであります。

    巨勢氏の先祖のことは、『寛政重修諸家譜』に、正利――利次――利盛――利清と次第する系譜を簡単に記します。正利(1537~1610)は巨勢甚太夫といい、中井正清の父・巨勢孫太夫正吉(豊臣秀吉の大坂城を築く)の弟です。その子の利次(1580~1626)は中井正清の従弟に当たり、正清が行なった各地の造営工事を助けています。正清と利次は姓を巨勢から中井に改めております。利盛と利清についてはよくわかりませんが、巨勢至信の子孫が長香寺に奉納した「巨勢系図」にある程度のことを記していますので、ここに紹介します。

    利盛は八郎右衛門といい、慶長14年(1609) に生まれ、洛陽に浪居、茶道を好み、明暦3年(1657)49歳で死去、長香寺に葬るとあります。そして利清は八左衛門といい、寛永7年(1630)に生まれ、洛陽に浪居、姓を中井から巨勢に復し、寛文12年(1672)43歳で死去、長香寺に葬るとあります。利清の妻(お紋の方の母)は、嵯峨大覚寺宮の家臣坪井源兵衛義高の女で、名はわかりません。寛永5年(1628)に生まれ、宝永5年(1708)81歳で死去、紀州名草郡の若山(和歌山)の大立寺に葬るとあります。

    利清は2男2女をもうけ、長女はお紋の方、明暦2年(1656)の生まれ。長男は忠善。勘左衛門といい、万治元年(1658)山城国に生まれ、洛陽に浪居、元禄7年(1694)に紀伊殿(光貞卿)に召し出され、同12年(1699)42歳で死去、若山の大立寺に葬るとあります。なおこの忠善の子が至信です。次女は名も生没年も不詳。長香寺に葬るとあるだけです。次男は由利。十左衛門といい、寛文3年(1663)山城国に生まれ、元禄2年(1689)に紀伊殿に召し出され、享保3年(1718)にお紋の方のお供で江戸に下り、幕臣に列せられます。

    ここに「巨勢系図」に基づいて長々と述べたのは、徳川吉宗の生母に関する俗説の誤りを正し、真説を明らかにしたいからです。まず父親は巨勢八左衛門利清といい、一生浪人でした。母親の名は不詳ですが、坪井源兵衛義高の娘です。寛文3年生まれの由利の生国が山城となっており、おそらく夫の利清が亡くなる寛文12年まで京都にいたものと思われます。そして吉宗が生まれる貞享元年(1684)の前年までに、娘のお紋の方を伴って紀伊に移り住んだのでしょう。この時、母親は50歳前後、娘は20歳前半の年齢と推測されます。

    お紋の方(法名は浄円院)の出自について、氏素性がすっきりしないという俗説は誤りで、京都大工頭の中井家の支族、巨勢利清の娘であったことは確かです。長香寺に巨勢利清の墓碑も現存します。享保3年4月、お紋の方が江戸城二の丸へ入るため、和歌山より江戸へ下向するに当たり、長香寺の住職が伏見にてお紋の方に会うべくお供の巨勢由利の旅宿まで赴いています。『知恩院日鑑』には「長香寺儀、御先祖御牌前御由緒故」とあって、長香寺は浄円院様(お紋の方)のご先祖の位牌を祀っているという由緒がある故に、特別の計らいだというのです。

    こうした文献によっても、お紋の方の出自は明らかです。歴史の真相を探ろうとする人たちに知っていただきたく、駄文を弄しました。

    ここに紹介する京都大工頭(だいくがしら)中井大和守正清(1565~1619)は余り知られていませんが、徳川家康の側近として、城郭や京都御所や大寺院を造営した人物です。「京都大工頭」とは江戸幕府の官職で、正清は家康の命令を奉じ、上方の大工職人集団を各地に率いて、大型建築物の造営に当たりました。彼の事跡は、直系の子孫である中井正知氏の『豊臣から徳川政権を駆けぬけた「御大工の巨人、中井大和守正清」』(『アップル叢書』23号)という著書に詳しく書かれています。

    さて、中井家の子孫が幕府に提出した「先祖書」(『史籍雑纂』三所収「家伝史料」七)に、正清が造営した主要なものとして、京都御所、駿府城、名古屋城、大仏殿(京都・再建)、江戸城(縄張り・町割り)、日光(宮地見分)、増上寺、知恩院などを挙げています。このほか、我が国最古の法隆寺を修理し、徳川将軍の権威の象徴たる江戸城の天守閣を築いております。京都の二条城の造営や伏見城の修築も正清の手になるものです。

    豊臣秀吉が建てた京都の大仏殿が慶長の大地震で倒壊し、豊臣秀頼が慶長14年(1609)から再建に取りかかります。作事は片桐且元が奉行をつとめ、中井正清が大工棟梁となりました。大仏殿が16年暮れに成り、大仏本尊や梵鐘の鋳造も進み、19年8月に大仏開眼と堂供養を行なうことが決まっていました。ところが、直前の7月に延期されることになります。鐘銘と棟札が問題となったのです。

    中井正清が駿府の家康に鐘銘と棟札の写しを送り、棟札に大工棟梁の名がないことを訴えたのです。ご承知のとおり、鐘銘に「国家安康、四海施化、萬歳伝芳、君臣豊楽」とあったので、家康の名を分けた上に、豊臣を君として楽しむ意図があると、片桐且元らを難詰し、ついに大坂冬の陣となる切っ掛けとなりました。

    中井正清は大仏造営深く関わり、常に家康の意を受けて行動しており、このあたりの事情は、家康の動静を書いた『駿府記』や金地院崇伝の日記『本光国師日記』などに出てくるので、史実だと考えられます。鐘銘問題を引き起こしたのは、もちろん正清の独断ではなく、幕府の重臣たちとの連携をとっていたに違いありませんが、大仏開眼と堂供養の準備に奔走していた正清なればこその「快挙」でしょう。

    中井正清が多彩な技術者であったことを示す史料があります。慶長19年9月に林道春(羅山)が吉田与一(角倉素庵)に充てた書状(『大日本史料』第12編14)によると、宇治川の上流を疎通して船路を切り開く計画があり、正清と道春が家康に言上したところ、家康は大層喜び、たとえ船が上下できなくとも、岩石が取り除かれ湖水がすけば、水田6~7万石が生じ、湖水が2尺3尺なりとも引けば、近江で20万石の新田が生じると算段しています。また下流の摂津・河内も河水にあふれることもなくなると言っています。従って宇治川を疎通する計画を立てるように与一に伝えています。

    このような水田の計算や水利の利点は儒者の道春にわかるはずはなく、おそらく正清の算段だと思います。正清は「轆轤にて大石をば引倒し候ても」成し遂げよと言ったとあります。ここらは当代一流の土木工事者の面目躍如たるところでしょう。

     

     

     

     

     

     

    私が住職している長香寺は、有名な観光寺院ではないので、誇らしげに寺史を語るわけにはいきませんが、どのような寺にもそれなりの歴史があるので、簡単に紹介します。

    当寺は常照山長香寺と称し、本尊は阿弥陀如来(恵心僧都作と伝承)、創建は慶長11年(1606)であります。徳川家康の侍女「おこちゃ」がかねてより帰依していた浄土宗の僧「称阿上人」のために寺を建立したいと家康に懇願し、その許しを得ておりました。翌年の慶長12年12月に駿府城火災でおこちゃは焼死しましたが、家康の側近であった京都大工頭の中井正清、京都所司代の板倉勝重、御金改役の後藤庄三郎らが助力し、寺の建立が進められました。ことに中井正清は手持ちの木材(方広寺大仏殿の残木)を供出し、自ら中井家の菩提寺と定めるなど、寺の建立に尽くしました。

    長香寺の山号・寺号はおこちゃの法名「長香院殿信誉常照清円大禅定尼」にもとづきます。寺地は東西52間、南北29間(1,508坪)で、9間4面の本堂、書院や庫裡のほか、元和・寛永(1615~44)のころに「嘆正院」「宝樹院」という2軒の塔頭が建てられ、元禄年間(1688~1704)には鎮守社「福増稲荷」が勧請されて、堂塔伽藍が整いました。

    その後、中井家の一族である巨勢利清の娘が紀州徳川家に仕え、8代将軍吉宗の生母(お紋の方)となります。将軍の外祖父の墓所がある関係や、お紋の方の遺言によって、享保11年(1726)に幕府から祠堂金500両を下賜されています。

    このように寺運隆盛でありましたが、天明8年(1788)の大火、元治元年(1864)の兵火に相次いで類焼し、寺勢はやや衰えました。なお明治2年(1869)、塔頭のあった旧境内地に下京第15番組小学校(後の有隣小学校)が作られています。

    什物として絹本著色観経十六観変相図一幅(重要文化財)、中井正清画像(狩野永納筆)や中井正清手造りの茶碗(尾張焼き)、お紋の方愛用品の将棋盤(梨地蒔絵)などを所蔵し、俳人の福田鞭石の墓碑、岩井藍水の句碑もあります。

    このように長香寺は文字通り「非有名寺院」でありますが、その存在を世に知っていただきたい人物があります。それは京都大工頭の中井大和守正清と徳川吉宗の生母お紋の方です。稿を改めて述べます。