• 最近の投稿

  • カテゴリー



  • 律令制の税制といえば、みなさんもご承知の通り、租・庸・調・雑徭であります。これを稲の系列、物産の系列、力役の系列の三つに大別することができます。問題は力役の系列に属すべき「歳役」と称するもので、元来は年に10日間、都に出てきて労役に従うことですが、労役に服さないものは庸(布などの生産物)を納めることとされていました。実際は庸で納めさせましたので、庸は調と同じく物産の系列に属するものと理解されます。

    租は稲の生産比率でいうと3%程度の極めて低く、調と庸、すなわち物産の系列と、年間最長60日に及ぶ雑徭、とが過酷な税制であったようです。調・庸・雑徭は「課役」と称して、成年男子にしか課せられなかったのです。

    いまここで律令制の税制を詳しく論ずるつもりはありません。古代の税制は、成年男子を基礎にした、という側面を知ってほしかったのです。成年男子とは、17歳から20歳までを「中男」(ちゅうなん)、21歳から60歳までを「正丁」(せいてい)、61歳から65歳までを老丁(ろうてい)といって、課税対象年齢でありました。66歳以上を耆丁(きてい)といって、初めて非課税となるのです。

    もちろん17歳から65歳までが一律に課役がかかったのではありませえん。老壮の区別はあり、正丁を1とすれば、老丁はその2分の1、中男は4分の1という割合でした。古代の権力者は人民の労働力における負担能力をよく知っていたとみえて、60歳までを一人前に扱い、61歳からは半人前としたのです。そして66歳以上になれば、ゼロ人前にしたのです。

    これは体力の点からいえば「合理的」でさえあります。現代の税制は所得を基準にしており、年齢による区別はありません。私が言いたいのは、古代の税制は肉体年齢を規準にしたもので、それなりに「合理性」をもっております。61歳に達すれば課役が「半額」となり、66歳になれば「全額免除」になる点です。これは労働能力を考慮したからでしょう。

    近頃の風潮として、60歳定年を65歳に引き上げる傾向がありますが、さらに70歳まで働け、と政府は吹聴します。これは一面では古代の税制上の年齢区分に逆行しています。もちろん職場によって定年引上げとは言いながら、「嘱託」とか「再雇用」と称して満額でないこともあって、60歳から65歳の壁は、やはり古代と同様の場合もあるようです。

    さてもっと高齢者となれば、古代はどうだったのでしょうか。80歳及び「篤疾」(とくしつ)という労働力がまったくない障碍者には「侍丁」(じてい)と称する介護者1人が充てられるのです。90才なら侍丁は2人、100歳なら侍丁は5人に増えます。古代は大家族制でしたから、侍丁となる人材はいくらでもいたと考えられます。若い者が高齢者の介護にあたとるのは当然といえば、そうなんでしょうが、この侍丁には免税措置が講じられ、庸と雑徭がからないのです。為政者側からいうと、庸と雑徭を免除してやる代わりに、高齢者や篤疾者を介護せよ、という理屈になります。

    「高齢者を家族で面倒をみよ」。現代もそうした趣旨の発言がしばしばみられます。古代もそういった発想だったようですが、介護に当たる成年男子には「力役の系列」と「物産の系列」の一部が免除になったのです。現代はどうでしょうか。高齢者介護に当たる家族に税制上の控除または免除といった特典はあるのでしょうか。寡聞にして知りません。「老老介護」なんて実にわびしいことばがあります。前期高齢者が後期高齢者の介護に当たる場面を想定しがちです。しかし、後期高齢者が後期高齢者の介護に当たる場面が、もうすぐきます。そのとき、古代の方がましやったと言いたくなりましょう。

    さて『清張通史1」の後半については、「8 南北戦争」と「10 女王国消滅」に関するコメントをのべます。『魏志倭人伝』によると、女王国の南に「狗奴国」があって、女王に属していなかったとあります。「倭の女王卑弥呼、狗奴国の男王卑弥弓呼ともとより和せず」、正始8年(245)に卑弥呼は使者を帯方郡に遣わし、「相攻撃する状」を説き、軍事援助を求めています。

    女王国と狗奴国との不和、戦争の理由を、松本清張は、一つには種族の違いだと言います。九州の南部には縄文時代よりも前から太平洋諸島の南方人の渡来が続き、九州の原住民との間で混血をくりかえし、いわば「南九州人」といった型(タイプ)ができたと想定します。一方、紀元前3世紀ごろ、朝鮮海峡を渡って来た大陸系の半島の住民は北部九州に定着し、原住民との混血によって、「北九州人」とも称すべき型ができていたと言います。3世紀の女王国と狗奴国との不和は、このような朝鮮渡来系の血と、それよりも古くからいる南方虎雄系の血の対立だったと見られます。

    もう一つの考えは、女王国が帯方郡を介して華北の魏王朝の庇護をうけたのに対して、狗奴国は華南の呉王朝からの支援をうけていたという説をほぼ支持し、九州中部と華南との直接交易ルートの存在を認めています。いわば魏と呉の代理戦争だったともいえるのです。

    『魏志倭人伝』は帯方郡から遣わされてきた役人が魏の皇帝の詔書などを披露し、檄(げき)を作って告諭したと記した後に、唐突に「卑弥呼以て死す。大いに冢(つか)を作る。径百余歩。徇葬する者、奴婢百余人」と、卑弥呼が亡くなったと出てきます。彼女が老齢のために死んだという説と、狗奴国との闘い中に戦死したという説がある中で、松本清張らしい第三の説を提示しています。

    『魏志東夷伝』扶余条に「旧(もと)の扶余の俗、水旱調(ととの)わず、五穀熟せざれば、輒(すなわ)ち咎を王に帰し、或は言う、当(まさ)に易(かえ)るべしと。或は言う、当に殺すべしと。麻余死して、その子依慮年六歳を立てて王となす」とあります。扶余の古い習慣では、天候不順で水害や日照りが続いて穀物が実らないときは、人びとはその災難の責めを王に帰し、或は王を代えるべきだとか、或は王を殺すべきだと言う。よって王の麻余は死に、その子依慮の年6歳なるを立てて王としたとあります。卑弥呼の死後、男王を立てたが、国中服せず、戦乱状態になったので、「また卑弥呼の宗女壱与年十三なるを立てて王となし、国中遂に定まる」という倭人伝の記事との比較において、扶余伝の麻余・依慮の記事と倭人伝の卑弥呼・壱与の記事とによく似たところがある、と松本は指摘します。

    そして松本は、「旱魃、飢饉、敗戦などの公的災禍が彼(古代の王)の生命力の衰頽を示すように見える場合には、殺されることが多かった」というフレーザーの『金枝篇』の一節を参考にして、狗奴国との敗戦によって、卑弥呼の呪力が衰頽したことが証明され、重大な敗戦の責めにより、諸部族長たちに殺された、という結論に達したのです。ここらあたりは視野が広く、諸文献をあさりこみ、さすが推理作家らしい推論だと感服する次第です。。

    息子が久しぶりに実家を訪れて、松本清張の『清張通史1』という文庫本を置いていきました。私にこの本を読んでコメントを書けという信号なのであろう。私は息子に反抗する意味もあって、なかなか本を開けずにいたが、ついに息子の意図を汲んで、暇を見つけては読みだしました。私が若かりしころ、松本清張は『古代史疑』などを著わして、古代史界に乗り込んでおられましたが、所詮は小説家の珍奇な説だと、私はいっぱしの研究家ぶって、ろくすっぽ読まずにいたのです。

    岩波文庫の『魏志倭人伝』(旧版・現代語訳なし)をテキストに、私は佛教大学の通信教育課程の史料購読で読んだことがありました。講義時間の関係で、逐語的に現代語訳するだけで、せい一杯だったのです。ところが、大学を去って一介の読書人となって、虚心坦懐に『清張通史1』を読むと、よく調べて書いておられることがわかったのであります。まったく並みの研究書より視野が広いのです。「魏志倭人伝」すなわち「魏志東夷伝倭人条」だけを問題とするのではなく、東夷伝のなかの高句麗条・東沃沮条・濊条など、あるいは東夷の対極に存する西戎(せいじゅう)に関する記事、西域伝をも取り上げる、という具合なのです。

    内容を紹介しよう。1 神仙的「倭人伝」 2 「倭」と「倭人」 3 虚と実 4 倭の女王 5 北部九州のなかの漢 6 ツイタテ統治 7外交往来 8 南北戦争 9信仰風俗 10女王国消滅 の10章から構成されています。今回は私が興味をひかれた、1 神仙的「倭人伝」および、3 虚と実 を中心に見ていきます。

    『漢書』地理志の燕地条には「夫(それ)楽浪海中に倭人有り。分れて百余国と為(な)す。歳時を以て来り献見すと云う」という有名な記事があります。これが中国史書の最初の記事で、岩波文庫の『魏志倭人伝』の「参考原文」にも載せられています。ところが、この文の前には「東夷天性柔順、三方の外に異なる。故に孔子は道の行なわれざるを悼(おし)んで、桴(いかだ)を海に設け、九夷の外に居らんと欲す。故あるかな」という主文があるのです。東夷は北狄(ほくてき)・西戎・南蛮の「三方」とは違って、性質が柔順であるから、孔子はそこへ桴に乗って、海をわたり、中国では絶望したところの道徳を教えたい、という主文を省略して、私ども歴史学者はいきなり、楽浪郡の海の向こうに倭人が居て、云々と議論してきたのです。一般に人文研究者は自分に都合のよい箇所だけを抜き出して議論するものです。

    松本清張は言う、「東夷が天性柔順というのは、東方にユートピアがあるという中国古代の神仙思想からきている」と。倭人伝に、「其の人寿考(長生き)、或は百年、或は八、九十年。……婦人淫せず、妬忌せず、盗窃せず、諍訟少なし」とあります。百歳から八、九十歳の長寿はざらで、婦人はみだらでなく、嫉妬もせず、盗みもしない、したがって訴訟がほとんどない。これは神仙思想のあらわれだ、と言うのです。私などは、このところはひげをたくわえた異邦人は老けて見えたのだろう、と意訳してきました。松本のように、神仙思想で書かれているとは考えもしなかったのです。また途中の距離や国々の戸数の「千余里」「三千ばかりの家」「七万余家ばかり」などは、陽数(奇数)を好む陰陽五行説による架空の数字だと言うのです。

    さて、邪馬台国論の最大の問題は、位置論だと思います。皆さんもご承知の通り、九州説と畿内説に大別されます。倭人伝には帯方郡より女王国(邪馬台国)に至る距離と方角が細かに記されていますが、九州説にしろ畿内説にしろ、「倭人伝の書き間違い」を想定しなけば、成り立ちません。しかし「(帯方)郡より女王国に至る万二千余里」が絶対数であります。途中の国々に至る里数、陸行・水行の日数を里数に直して、足したり引いたりしても、「一万二千」に合わさねばなりません。ところが松本清張は、『漢書』西域伝に、漢の直属国になっていない西域諸国は、長安からの距離がすべて「万二千里」となっていることに注目し、「万二千里」とは、中国の直接支配をうけていない国の王都がはるか絶遠のかなたにあることをあらわす観念的な理数であると言うのです。「万二千里」が遠隔地の意味をあらわす観念的数字だとする松本説からすると、それを実数のように信じて、あれこれと議論してきたこと自体がナンセンスとなります。

    行程記事の「虚」と「実」にふりまわされずに、邪馬台国論争の解決策はあるのでしょうか。私は大学での講義の最後にいつも、「邪馬台国の位置論争を諸君らが解決しようと思えば、卑弥呼がもらった「親魏倭王」という金印を掘り当てることだ」と煙に巻いて、教壇を去ったものです。

    多くの新聞報道等によれば、平成31年4月30日に天皇陛下が退位し、翌5月1日に皇太子殿下が新天皇に即位されると伝えております。私はこのマスコミ報道に文句をつけるつもりはありませんが、天皇陛下の「退位」という言葉遣いに文句を言いたいのです。

    現在最も詳しい日本史辞典である『国史大辞典』には「退位」という見出し語はありません。江戸時代の光格天皇より約200年間、退位のことがなかったから、『国史大辞典』に見出し語として採用しなかったのではありません。「退位」という言葉それ自体が歴史的に用いられたことがほとんどないからです。

    天皇が在世中に皇嗣(皇太子)に皇位を譲ることは「譲位」と申します。「遜位」とも、「譲国」とも申しますが、ほとんどの文献には「譲位」とでてきます。。天皇陛下のお言葉の中では「退位」とは仰せにならず、「譲位」と称されています。さすが天皇陛下だと思いました。「退位」も「譲位」も同じ意味と思われがちですが、「退位」にはどうもフランスの国王が市民革命で王位を追われて「退位」したという西洋史のイメージがつきまといます。その点、「譲位」には天皇に主体性を帯びた感じがします。有識者とよばれる人たちは「退位」ではなく、「譲位」というべきだと主張されて当然だと思います。

    我が国の皇位継承は、天皇(先帝)崩御の時か、譲位しかありません。記紀の神話的な時代はともかく、歴史的に確実な時代にかぎっていうと、女帝が続いた期間を除いて、聖武天皇(在位724~49)や光仁天皇(在位770~81)が譲位してより、次第に譲位が通例となります。聖武天皇より明治天皇にいたる78代のうち、先帝崩御による皇位継承はわずか22代しかなく、あとの56代は譲位によるものでした。むしろ譲位による皇位継承が普通だったのです。しかし、譲位には天皇の自主的なものもあれば、時の権力者による強制的な譲位もあったことは歴史に示すところです。むしろ後者の場合が多かったゆえに、明治以降の天皇制は譲位を制度的に許さなかったのです。

    テレビで報道された天皇陛下のお言葉では確かに「このたびの譲位では」云々と申されておりました。私の聞き違いでなければ、陛下のご学識に応えて「退位」ではなく、「譲位」と言うべきでしょう。

     

     

     

     

    わが国の仏教受容について、次のように考えるのが一般的です。仏教本来の教義が正しく理解されることはまれで、仏への信仰は病気平癒や五穀豊穣、祖霊慰撫などの形態をとり、わが国固有の信仰・習俗(「古代神道」)と本質的に相違なかった、と。しかし、そうした共通性はあったにしろ、祭りの対象や儀礼の様式を異にするかぎり、仏教と古代神道(神祇信仰)とはそれぞれ独自性を保って、混交は起りえなかったはずです。だが、現実には神祇信仰と仏教は交流し、融合し、また相互に変容し合ったのです。仏教と神祇信仰の融合や混交の状況を、一般に神仏習合とよんでいます。神仏習合は仏教と神祇信仰の融和をいいますが、「習」は重ねることを意味し、明治維新で強行された「神仏分離」まで続き、私などは「日本教」とでも称すべき宗教状況だと考えています。仏教と神道が全くの別物とみるのは、たかだか明治維新後150年に過ぎません。

    神仏習合は、日本人の精神生活のなかに仏教を浸透させるため、わが国の伝統的な宗教意識や民間習俗を否定せずに、むしろこれらを積極的に包摂していった結果生じた、わが国独特の宗教文化であります。神仏習合の思想は、ごく単純化していえば、仏教の立場から日本の神々をどのように位置づけるのか、という神仏の関係論でもあります。そこで(1)「神」は「仏」を尊び護る、(2)「神」は「仏」に救済される、(3)「神」は「仏」が衆生を救うために姿を変えて現れた、という教説が考え出されました。(1)と(2)はすでに奈良時代から見え、(3)は平安中期に「本地垂迹説」として理論化されますが、ここでは神仏習合の理論としてなじみの薄い(1)のうちでも「神は仏法を悦び受く」という思想を中心に紹介したく思います。

    古代の人びとは、「神」よりも一段と優れた魅力を「仏」の方に見出だしたと言われています。そこで神々に対して仏教の儀礼をたむけることがありえたのです。たとえば天平13年(741)宇佐八幡宮に、前年の藤原広嗣の乱を平定したお礼として、錦の冠、金字の最勝王経、法華経、僧、馬をたてまつり、三重塔を造らせています。冠や馬はこれまでも神への献上物でありましたが、経典と僧、そして三重塔の建造は、従来まったく見られなかった祭祀の様式でした。神に奉納(神前読経)する経典、神に仕える僧(社僧)、神のために建てる仏塔が、それぞれ意味するところは大きいのあります。

    こうした仏事の功徳を神にたむけることは、「神は仏法を悦び受く」という思想にもとづくと考えられます。奈良時代において、宇佐の八幡の神のほか、越前の気比(けひ)の神、若狭の若狭比古(ひこ)の神、伊勢の多度(たど)の神のために、神宮寺が建てられいます。神宮寺とは、神のために建てた寺院のことで、神願寺とも称し、多くの場合、神社に近接して建造されましたが、明治の廃仏毀釈(きしゃく)で壊されています。明治維新は幕藩体制をこわしただけでなく、宗教文化そのものを根底から変容させてしまったのです。

    神宮寺の創建の事情を伝えるところでは、「神」もまた衆生と同じレベルで、苦悩するがゆえに「仏」に帰依し、仏道を修行したいと願い、その託宣を聞いた者が、神のために寺院を建立したのです。神の苦悩とは、農村社会を襲う自然災害のことを指すのでしょうが、そうした災害を、従来は神の怒りや祟(たた)りと考えていました。しかし、仏教の立場からは、災害は神が迷いの世界に沈み、宿業(しゅくごう)によって受けた苦しみの表れであると見なしのです。神が仏教によって救われることで、人びとは災害から免れると考えたのです。こうした神仏習合の思想によって、我が国の神への意識が変わっていったのです。

    ところで、今回の話は面白くなかったに違いありません。すみません。実は私の住む寺には「福増稲荷」(ふくますいなり)という小さな祠(ほこら)があります。伏見の稲荷大社の氏子圏に存するためか、江戸時代の元禄年間に寺の「鎮守神」として勧請されました。明治の時に壊されなかったのは、余りにも小さすぎたからだったからと思います。今も残る鎮守社のために、僧である私は般若心経をあげて、神仏習合の形骸を守っています。