• 最近の投稿

  • カテゴリー



  • 1 2 3 4 5 6 7


    清張通史3は『カミと青銅の迷路』と題します。カミは「神」、青銅は「青銅器」を指します。通史1・2と同様に10章立てでありますが、第5章までは「神」、6章以下は「青銅器」を扱っています。記紀に述べられた神話、古墳と同様に埋納された青銅器のことに基礎的な知見がないと、本巻は面白くない、というのが、私の率直な見解です。




    たとえばアマテラスが弟スサノオの乱暴にこもったという石屋戸(いわやど)は横穴式墳墓であるとか、神話によく現れるホト(女陰)を突いて死ぬ話は、女性のもつ生殖霊力の喪失を意味し、横穴式墳墓が入口からの羨道と奥の玄室から成り、ちょうど女性性器の膣腔と子宮を思い起こさせる、とかがそうであります。この横穴式墳墓が中国の神仙思想に由来するといい、っ中国の古典を引いて説明します。




    松本氏の独壇上の推論が展開するのは第3章の「東と西」であります。記紀神話のイザナギ・イザナミ以下の夫婦カミ、アマテラス・スサノオの姉弟カミなどの根本的な構成は、すべて中国書籍や説話からの翻案であると断言されます。その中国書籍にみえる天地開闢説話は、メソポタミアの古代バビロニアに類話が見られると言われます。古代東西交通のルートに乗って、バビロニアの楔形文字に記録されたシュメール時代の神話が東方へ輸出されたことは、十分に推測されるのです。その一つがメソポタミアの境界をこえてパレスチナに入り、旧約聖書のもとになっているとあります。そうして旧約聖書と日本の古代習俗の類似点を求めるなど、まさしく世界史レベルの知見を披露されています。




    第5章「古代の日本へ」において、ペルシャの神ミトラを信仰する密儀宗教のミトラ信仰は、インド・アーリア系民族に信奉され、各地域のローカル色に彩られて、主神や脇侍(きょうじ)になったりすると言われます。その中で、「アミダ(阿弥陀)信仰はインドにはない。この仏は光背が日輪を表現しているように、ミトラ信仰またはゾロアスター教の光明を象徴している。伝来不詳のその漢訳仏典「無量寿経」とともに、唐の初めに中央アジアでつくられたものであろう」と推測されるのは、私ども浄土宗の仏僧はどひゃりとします。もっとも松本氏は、メソポタミアの土着信仰と思われるミトラ信仰がイランでゾロアスター教となり、これが中央アジアを経て南北朝の中国に仏教やマニ教・景教(キリスト教ネストリウス派)とともに入り、祆教(けんきょう)になった、という独自の説をとっておられ、日本には8世紀ごろに密教にまじって祆教(ゾロアスター教)の要素が入ってきたと推測されています。




    弥生時代から古墳時代に移行する前に、青銅器の武器と鐘が現れます。武器は銅剣・銅矛・銅戈で、鐘は銅鐸であります。それぞれの出土地から北部九州を中心とする銅剣・銅矛・銅戈文化圏、近畿を中心とする銅鐸文化圏に分かれることは、歴史の教化書に載っているほどの基礎的な知識であります。松本氏は、それぞれの青銅器の出土状況を子細に考察して、それらの青銅器が宗教的な祭祀用ではなく、豪族のコレクションであって、そして古墳時代に「時代おくれの廃品」となり、地下に埋もれたままになった、といわれrます。




    松本氏の考古学に対する知見は、すべてが万巻の書物から得られた「独学」であったと思われます。市井の一作家の枠をはるかに超え、自由に私見を述べるところが余人のなせるところでないことを特に指摘しておこうと思います。





    ある表現がその人の人権を蹂躙するというので、別の言い方に改めることがあります。たとえば痴呆症がそうです。最近は認知症と言い換えています。それと同じ表現が「発達障害」という言葉です。幼児期ないし児童のときに、「脳機能の発達が関係する障害」だと規定されています(政府広報オンライン)。教育の現場で見られる「問題児」の多くが「発達障害」なる言葉で片付けられているようです。




    政府広報オンラインによれば、障害の特性として、(1)自閉症とアスペルガー症候群からなる広範性発達障害、(2)注意欠陥多動性障害(AD/HD),(3)学習障害(LD)の3つがあります。(1)の自閉症は言葉の発達の遅れ、コミュニケ-ションの障害、対人関係・社会性の障害、パターン化した行動、こだわり、アスペルガー症候群は基本的に、言葉の発達の遅れはない、コミュニケーションの障害、対人関係・社会性の障害、パターン化した行動、興味・関心のかたより、不器用(言語発達に比べて)、(2)の注意欠陥多動性障害(AD/HD)は不注意(集中できない)、多動・多弁(じっとしていられない)、衝動的に行動する(考えるよりも先に動く)、(3)の学習障害は「読む}「書く」「計算する」等の能力が全体的な知的発達に比べて極端に苦手、などを特徴とします。このほか(4)トゥレット症候群(重症なチック障害)、(5)吃音(どもり)も障害に含む場合があります。




    私が幼児期(今から70年ほど前)や子供を育てていたころ(今から40年ほど前)には「発達障害」なる概念はなかったのですが、該当する子供はいたと思います。教育心理学が発展したせいでしょう。私の知人の子供はすでに4,50歳の成人になっていますが、(2)の自閉症ないしアスペルガー症候群にあたるようです。その子の青年時代までは、コミュニケーションは不得意でしたが、次第に努めて人の会話にも加わり、人目にはややコミュニケーション能力が劣るかなあと感じる程度です。おとなしい性格が幸いしてか、対人関係・社会性の障害はまったく見られません。ただパターン化した行動、興味・関心のかたより、不器用(言語発達に比べて)はあります。しかし、この子のことをマイナス評価の「発達障害」と呼ぶのは酷なことで、むしろプラス評価が可能です。ひと一倍の優しさ、思いやりといった点ではすぐれています。パターン化した行動の側面では、言いつけたことや難しい工程を忠実に順守することが出来る、という評価基準があてはめられます。




    こういうふうに評価基準はマイナスよりもプラスにかえるべきです。むしろある種の特異な能力さえもっている場合があります。日月・曜日の記憶、一度会ったことのある人の名前と続き柄、無機質な数字の羅列の電話番号、といった通常の人ならすぐに忘却のかなたに葬り去ってしまうことさえ、不思議と記憶しております。算数はできなかったようですが、漢字はかなり難しい字を読み書きできました。こうした能力のもち主を、「発達障害」の特徴というのなら、それは一方的な見方でしょう。こうした特別な能力をもつ子を全面的にプラス評価すべきでしょう。教育の現場や臨床心理学で研究すべき課題だと思います。




    人間の能力は実に多面的であり、一方的に評価が下せません。むしろ多面の一部しか評価しないとなれば、間違ったことになるでしょう。「発達障害」という見方こそ、その人間の一部しか見ずに、全体的に決めつけをしていることになると思います。発達の「障害」とみるか、「特異な能力」とみるか、私たち大人の判断にかかってくるでしょう。


    最近私は、『鎌倉浄土教の先駆者 法然』という著書を、吉川弘文館より出版いたしまた。法然(ほうねん)は地方豪族の出身で、幼くして父を夜討ちで亡くし、敵の手からのがれるために、当時アジールでもあった美作国の菩提寺に、叔父の観覚を頼って、身を寄せました。観覚は甥の非凡さを見抜き、比叡山の源光に身柄を預けます。源光はさらに皇円に預けて、皇円のもとで出家得度させました。天台3大部という天台宗の基本図書を閲読した後、18歳になったとき、叡空を訪ねて、幼少の昔から父の遺言が忘れられず、隠遁の志が深い訳を述べます。すると叡空は「法然道理の聖(ひじり)である」と喜び、「法然房源空」という法名を与えたといいます。




    法然は、師の叡空に同宿させてもらった上に、衣食まで扶養してもらたが、仏法に関してはすべてを習ったことはなく、考え方は火と水のように異なり、いつも議論を戦わせておりました。叡空は気短で、論破する法然に暴力をふるいました。法然はそうした師匠にあきれて去ったわけでもなく、叡空もたてつく法然を破門したわけでもないのです。なんとも奇妙な師弟関係でありました。その叡空が亡くなる時に、法然に遺産の房舎聖教を贈る書状をっしたため、「譲り渡す」と書いていたのを、「進上」と改めて、弟子の礼をとったと言います。




    法然はいう、「学問は初めて見定めることがきわめて大事である。師の説を受け継ぎ習うは容易だ。ところが、私は諸宗すべてをみな自分ひとりで注釈書を見て、理解した。通常、すぐれた学僧といっても、大乗の戒律について、私のように学習したものは少ない。今の世に書物に広く目を通した人を、私は誰もしらない。書物を読むときに、これはそのことを結論としている、と読み取ることは困難ではあるが、私は書物を手にして一見すれば、そのことを解釈書物だ、とわかってしまう能力をもっている。要するに、まずは編目(目次)見て、大方の内容をしるものだ」と。ここに法然の読書論が語られていますが、やや自慢げなところが気になります。しかし、法然はまたいう、「私の性分として、たとえ大部の書物であっても、三回これを読めば、文章に精通し、意義が明らかになる」と。人の3倍の時間と労力を使われた上での発言だったのです。




    法然の主著は『選択本願念仏集』(せんちゃくほんがんねんぶつしゅう)であります。阿弥陀仏が選択された本願の念仏に関する経典や注釈書の要文を集めた書物という意味です。ここでのキーワードは「選択」で、選び捨て、選び取る、ことです。きわめて簡単に言えば、多くの選択肢から一つを選び、他を捨てることです。ここで重要なことは「選び捨てる」ことは、捨てるものの価値を全否定しないことなのです。選択する者の価値観に委ねるという態度なのです。もちろん法然にとって選択する者とは阿弥陀仏であり、価値観は修しやすさです。ここに称名念仏が選択される理由があったのです。こうした法然の考え方の柔軟さは、念仏以外の諸行の存在や、諸行を修する人を認めておりました。しかし、諸行では往生できないと主張します。ここが肝心です




    そこで、法然には諸行往生の考えがあったと見なす捉え方があります。それが晩年になって受けた念仏弾圧の原因と見なし、選択本願念仏説を対象化できなかったというのです。要するに、法然には諸行往生の思想があって、それが晩年になって受けた念仏弾圧の原因と見なしております。この考えには私は同意できません。この考え方は論者の頭の中で想定したもので、実際にあったものではありません。念仏弾圧の原因は、一部の念仏者の不法行為にあったのです。この点を強調しておきたく思います。








    松本清張氏の通史2は「空白の世紀」と題します。目次を見ますと、「1-謎の4世紀」から「10-階級・習俗」までの10章立ての構成であります。空白の世紀とは、西暦226年に倭王壱与が晋に使者を送って以来、421年に倭王讃が宋に朝貢するまで、中国の史書に倭国に関する記事が約150年間途絶えることを意味します。この間に東アジアにおける大変革を、松本氏は該博な知識でもって述べています。それが「2-南風をのぞむ」という文学諷のタイトルで記しており、歴史書らしかぬ表現もあります。




    日本列島における変革は、弥生文化からいわゆる前方後円墳に代表される古墳文化へと発展します。3世紀後半から7世紀までの古墳時代は前期・中期・後期に区分されますが、前期の副葬品が弥生時代の延長であるのに対し、中期になると墳丘規模が巨大化するとともに、副葬品として武具・馬具が多くなります。この違いに着目して、松本清張氏は江上波夫氏の「騎馬民族渡来」説を支持されます。なお、前方後円墳という呼称は、江戸後期に蒲生君平が名づけたもので、方形部を前、円形部を後ろとする根拠はなく、松本氏は方円墳と呼ばれていますが、それでも時折、前方後円墳とも言っておられて、用語に混在が見受けられます。




    さて、江上氏の「騎馬民族渡来説ですが、「7-騎馬民族説」で詳論しています。松本氏は、江上説を踏まえて、次のようにまとめておられます。――南朝鮮地域は、魏志東夷伝にあるように、倭種がたくさん住んでいた。これらの倭種は北部九州の倭種とおなじで、朝鮮海峡をへだてていても、生活圏は一帯であった。4世紀ごろ、馬韓の地に北から騎馬民族の扶余が入り、土着民を統一して百済を建国し、それより遅れて辰韓に入った扶余族も新羅を建国した。弁韓にも扶余族が入って倭・韓の土着民を統括したが、そこでは建国せずに、日本列島に移って畿内で政権を立てた――と。




    江上氏は北方アジアの遊牧・騎馬民族(扶余族)の日本への渡来を二度の波としてとらえられている。第1波は4世紀前半にきて、筑紫地方で政権を打ち立てました。記紀では崇神天皇を呼ばれている人物であります。そして第2波は4世紀後半から5世紀初めにかけて筑紫より畿内に入った。記紀では応神天皇に当たるといいます。この第2波が神武天皇の東征説話に反映していると言います。




    江上説に対して、文献史学の泰斗・井上光貞氏は、崇神天皇を海をこえて渡ってきた征服者とみた場合、記紀が伝える崇神天皇の事績と人物像に一致しないと反論しています。また松本氏は、扶余族は北部九州に約100年ほどいたことになっておるが、その足跡が一つもないと批判されています。海峡をわたってきた外来者が、北部九州に落ち着かないで、そのまま瀬戸内海を東に航行し河内に上陸し、ついで大和に入ったと推測されています。なお、松本氏は第2波に代表される渡来者を仁徳天皇に比定することは容認されていますが、しかし、「河内王朝」の存在は認めておられません。




    「9―大和の「任那」」に、これまでの歴史の教科書をひっくりかえすような見解が述べられます。方円墳が山陵とよばれるにふさわしいほどの巨大なのは、これを遠くから見せるために作られたからであります。現代のように航空写真で鳥瞰するわけにはいけません。円形と方形が連結した横に長い形を――ヒョウタンを縦に切って横に置いたような形――瓢塚(ひさごづか)の名がつけられているような、ならび丘のような形こそが、遠くから見せる形であったといいます。現在「側面」だと思われているところが、人びとに見せる「正面」であったのです。




    『清張通史2]には、これら以外に創見にあふれています。私の率直な感想を述べさせていただくなら、『通史1』での〈ワクワク〉感はなく、松本氏の知見が充満した〈そんなこともあったのか〉という感じが残りました。よほど松本史観が好みの方しか耐えられない「玄人」向きの通史であるということです。











    これまでは人生最後の著述になると思われる本(『鎌倉浄土教の先駆者 法然』)にとりかかっておりましたので、ブログも更新できずに一か月がたちました。この間、わたくしが所属している「浄土宗」では宗議会議員の改選がありました。「浄土宗」では国の機関をまねて、行政・立法・司法の三権分立の形をとっています。その立法府の4年任期の議員改選が行なわれて、このほど行政府の長たる「宗務総長」の改選が新議員によって行われました。




    ここまでは「浄土宗」も現代的な手続きを取る団体であることがわかります。ところが内実はとても「現代的」とはいえないのです。まず第一に宗務総長候補者は議員15名の推薦を要します。議員定数70名ですので、4名以上の候補者を立てることができないのです。宗務総長候補者の推薦議員の数を10名以下に抑える必要がると思われます。 つぎに前の総長は2期8年をつとめましたが、3期以上つとめた人はいないという「前例」にしたがって、続投を「やめさせらた」ようです。ご本人に聞いていないので分かりませんが、前例主義にしたがって続投できないのは「現代的」ではありません。もっとも前宗務総長は「やり手」なので、8年の任期でもうんざりした人はいるでしょう。新宗務総長は人柄よろしく、対立候補に圧倒的な差をつけて当選しました。前宗務総長の内局(国でいう「内閣」に当たります)の一員でありましたから、行政的には前任者の路線を踏襲するものと予測されますが、新鮮味を期待したく思います。願わくは前宗務総長の「院政」がおこなわれないことを祈っております。




    新聞報道などで、「浄土宗(総本山知恩院)ではこのほど」云々という書き出しで始まる記事にお目にかかったかと存じます。読者の方はなんらの違和感をもたれないでしょうが、われら寺院にすむ者にとって、異質のものをつなぎわせた感がします。知恩院という宗教団体と浄土宗という宗教団体とは、別個の存在なのです。われら浄土宗に属する寺院は「浄土宗」との間で、「浄土宗」を包括団体、浄土宗寺院を被包括団体とする、包括・被包括の関係を結んでおります。しかし、支配・被支配の関係にはありません。知恩院もまた被包括団体の一つなのです。ただ一般の浄土宗寺院とは異なって、総本山という特別の地位と役割を与えられていることです。そして浄土宗のトップの僧を「浄土門主」といい、知恩院のトップの僧を「知恩院門跡」といい、一人が兼ねることです。知恩院もまた行政と立法の機関をもち、行政の責任者を執事長といいます。知恩院の執事長は、浄土宗の宗務総長とは別人であります。




    ところで、われら浄土宗寺院には毎年、課金(国でいう税金)が課せられます。その送付先は包括団体たる浄土宗であって、総本山たる知恩院ではありません。しかしながら、毎年浄土宗に納める課金は檀家総代などが檀家から集めた浄財でありますが、住職はこの課金を知恩院に納めているものと説明をしないと、檀家はまったく理解のしようがありません。それは浄土宗という包括団体を的確に説明できないからだと思います。私などは浄土宗という団体は「同業者による組合ないし協会みたいな存在」だと説明します。するとなぜ総本山のほかに、一般の浄土宗寺院を包括する団体がなぜ必要なのか、と問い返されます。そこで話は窮します。私が思うに、包括関係は支配関係ではありません。「浄土宗」という緩やかな纏まりにすぎません。この際、新しく議員になられた方、宗務総長に選ばれた方、ここのところをよく心していただきたいものです。

















    1 2 3 4 5 6 7